「優勝おめでとう!」
   本文へジャンプする前書き前半後半
観戦記の章にジャンプする
   気合を入れた円陣 芝浦工大柏高校

平成16年2月8日
(日曜)晴れ

柏の葉運動公園キックオフ 12時00分

レフリー 工藤氏 

柏の葉スタジアムの応援席に一番乗りで着いた。特別な気合が入っているわけではないつもりでも、体が自然と早い時間にグランドに向かわせたのかもしれない。いい天気だ。風もない、まさにラグビー日和である。日陰は少し寒さを感じるが、日なたはもう春を感じさせている。

選手たちは、グランドのサイドでアップを始めている。遠めのために表情までは見えないものの、気合の入った声がスタジアムに響いている。

さあ、決勝戦がもうすぐ始る。
「全国選抜大会」に繋がる「関東新人大会」の千葉県一位をかけた決勝戦である。応援の父母たちが大勢集まってきた。16期の父母たちも多数来てくれている。校長先生も駆けつけて頂いた。OBもかなり来ている。いよいよである!。

必勝の円陣が解かれ、選手たちは各々声を出している。
「勝つぞー!、」肩をお互いにぶつけ合った。

本文の先頭へ

工藤レフリーの笛がスタジアムに響いた。流経柏のキックオフで試合が始まった。
キックオフのボールに猛然とチェイスしながらキャッチャーに襲いかかった。
「よし!いいぞー!」。芝浦柏はキックを多用している。ポイントへの体を張った集散も早く、陣取り合戦がしばらく続いた。小さなミスでリズムを掴めていない。ボールの継続をもっと意識して欲しい。


12分、HL付近からBSが左に展開した。フォローのNO8にボールは渡り、ゴール目前まで突進した。ここでできたラックでPKをもらい、好判断のCTB NO12が「チョン蹴り」から一気に突っ込んだ。トライ!もやもやした試合展開を打ち破る見事なトライだ。ゴール成功!。
得点
( 7 対 0 )

20分、PKからS・Oがタッチキック。ゴール前5(メータ)m付近でのラインアウトからモールは一気に押し込まれた。トライ!難しい角度のゴールも成功!。
得点
( 14 対 0 )

29分、HL付近中央からS・Oが右オープンへパントを蹴った。相手FBとWTBの背後の中間へ落ちたボールへWTB NO 11がバウンドを計りながらチェイスした。
「練習をたくさんしている選手にボールは微笑む」、の通説通り、見事にボールをキャッチした。快速を飛ばして20(メータ)m独走トライだ!応援席がどっと沸いた瞬間だった。ゴール成功!。
得点
( 21 対 0 )

31分、ペナルティーからPGをねらわれた。決められた。三試合連続シャットアウトならず!。
得点
( 21 対 3 )


ここで前半が終了した。
燃焼できていない。
「一戦燃焼」だぞ!こういう試合展開の時こそ「一発のタックル!」。「体を張った突破!」。なんだ。行くぞー!。後半に意地を見せてみろ!。

  トライの写真  
本文の先頭へ


4分、PKから相手ゴール前へタッチキック。ラインアウトからモールをドライブした。コラプシング気味でつぶれたラックからサイドをPR NO1が突っ込んでトライ!。ゴール成功!。
得点
( 28 対 3 )

7分、敵陣22mへ入って連続攻撃である。ボールがよく継続されている。ゴール前5(メータ)m付近のラックから出たボールをFBが持ち込んでトライ!
得点
( 33 対 3 )

キャプテンが声を出して指示をしている。みんなが声を出してうなずいている。
「さあ一気に行けよー!」。「たたみかけだー!」

13分、連続ラックからオープンへ展開し、NO8がゴール前まで迫り、できたラックから右に回してライン参加のPR NO3が突破してトライ!。ゴール成功!。
得点
( 40 対 3 )

17分、自陣10(メータ)mの左サイドのラックから右へ展開した。S・O〜CTB〜PR NO3〜 MO8へと渡りトライ!。
FW、BSが一体となった見事なトライである。ゴール成功!。
得点
( 47 対 3 )

22分、またしても自陣10m(メータ)付近からオープンへ展開された。ライン参加のFBがよく突進し、ラックから出たボールがWTB NO11へパスされ、うまいステップでかわしながら20(メータ)m走ってトライ!前半に公式戦初トライをあげたWTB NO 11は一気に全開だな!。ゴール成功!。
得点
( 54 対 3 )

25分、オフサイド気味に上がってきた相手BSにインターセプトを許しトライを奪われた。
得点
( 54 対 8 )

「すぐに取り返すぞー!」

29分、ゴール前まで攻め込み、ラックから出されたボールを相手がノータッチ。このキックを縦に見事に切り返した。敵陣ゴール前でできたラックからFL NO7がサイドをもぐってトライ!。ゴール成功!。キッカー絶好調である。
得点
( 61 対 8 )

30分、敵陣15(メータ)m付近中央のラックから出たボールをS・Oが左に二人飛ばしてノーマークのWTB NO11へパス。気持ちよさそうに、中央まで回りこんでトライ!。ゴール成功!。
得点
( 68 対 8 )。


 ここでノーサイド!
「勝ったー!。優勝だー!」。 チームは見事に期待に応えてくれた!。


  表彰状授与  優勝旗授与  優勝カップの授与  


みなさん、おめでとうございます。今日は目一杯喜びたいと思います。しかし、ここからです。来週の
「関東新人大会」は壮絶な戦いになります。父母たちも気合を入れなおして臨みたいと思っています。

「全国選抜大会」への出場をかけて戦う子供たちを、
「母」は食事作りで「体」を張って、「父」は仕事をしながら「心」で精一杯応援して行きましょう!そうだ、子供たちは「体も心も」そうだけど、あえて「技」の向上に努めてもらって、ここに「心、技、体」の完成だあー!

流経柏は、父母会も含めてのクラブなんですから・・・・・!

本文の先頭へ
 2004、2010 rkukhs-rugbySome right reserved home