「新チーム100得点のデビュー!」
   本文へジャンプする前書き前半後半
観戦記の章にジャンプする
応援の父母の写真 対幕張総合高校の写真 関東高校ラグビー新人大会
幕張総合高校戦

平成16年1月24日 (金曜)晴れ

天台グランド キックオフ 14時15分

レフリー 鈴木 学氏

新チームの公式戦初戦の日がきた。この時期の天台グランドは、あまりコンディションが良いほうではないのだが、今日は風もなく、まずまずの状態である。ファーストジャージーを身に着けた流経柏の戦士たちは、キックオフの時間を’軽い緊張感’の中で待っているように感じる。円陣はキャプテンの掛け声に全員が心を一つにして組まれ、スクイーズされた。さあ、始まる!強い流経柏を見せてくれ!。
本文の先頭へ

レフリーの笛が高らかに響いた。幕張総合のキックオフで試合が始まった。
3分、敵陣10(メータ)m付近中央から左に展開しWTB NO14が突進、ラックから素早くSHがさばいてS・Oへパス。S・Oは自ら突破をはかりそのままトライ!。
得点
(5 対 0 )

8分、敵ゴール前10(メータ)mでのスクラムからNO8がサイドを突いてそのままトライ!。
得点
(10 対 0)

13分、またしても敵ゴール前10(メータ)m付近のラックから左へ展開。S・OからNO8へパスされトライを奪った。ゴール成功!。
得点
(17 対 0)

新キャプテンのNO8がよく走っている。体でチームを引っ張っている。

17分、敵陣22
(メータ)m付近FWがラックからサイド攻撃を連続し、ゴール前10(メータ)mでできたラックから右オープンへ展開。S・O〜CTB ナンバー12〜NO8へパスが渡りトライ!。ゴール成功!。
得点
(24 対 0)


よく攻めては、いるが多少の緊張感があるのか、攻撃のリズムを作れていない。どんどん大きくボールを動かすことでリズムはくる。こういう試合はBSに何度もボールを持たせる機会を増やすことからチャンスがくるものである。BSがゲインラインを超えて、そこにFWが前を向いてポイントに集まるという単純な試合展開から全員にリズムができる。

24分、敵ゴール前までBSが繋いで進み、ゴール前5(メータ)mでできたラックからBSへ。S・Oがブラインドへもぐってトライ!
得点
(29 対 0)

28分、FW、BSが一体となって前へ出ている。敵ゴール前10(メータ)mのラックから右へ展開。S・O〜NO 8でゴール直前まで攻め、よくフォローしたFBへパスされトライ!。ゴール!成功!。
得点
(36 対 0 )

前半が終了した。
点を取っては、いるのだが、やはりリズムが欲しい。後半一気に爆発するためには、小さいミスも修正したい。ボールを大きく動かすことができるチームだからこそ、期待も大きいのだ。後半何点とれるかがポイントだ。モールドライブも見たい!

一気に行けー!。たたみかけろー!

本文の先頭へ

後半が始まった。選手交代は三人である。


3分、敵ゴール前での連続ラックからWTB NO14が核となったモールを期待通りドライブだ!見事に押し切ってトライ!。ゴール成功!。
得点
(43 対 0)

8分、敵ゴール前でのPKから仕掛けた。チョン蹴りされたボールは期待のペネトレーター、一年生HOが突っ込んで見事なトライである。ゴール成功!。
得点
(50 対 0)。

こういうプレーがチームのムードを上げていく。

11分、マイボールラインアウトからモールドライブで前進しレフリーの「Use It」の声に反応したSHからボールはS・Oへパスされた。ライン参加のFBにボールは渡り、トライ!。FBがいいタイミングでラインに入っている。ゴール成功!。
得点
(57 対 0)

16分、左右に大きくボールを動かしFW、BSが一体となって敵ゴールまで迫った。ゴール前10(メータ)mでのラックから左へ展開し、WTB NO14がトライ!。ゴール!成功!。
得点
(64 対 0)

18分、キックオフボールを右オープンに展開。WTB NO14がまさにウイングという見事な走りを見せた。40(メータ)m走りきってトライ!得点
(69 対 0)

20分、ハーフライン付近から左へ展開。S・O〜CTB NO12〜WTB NO14とパスを繋ぎながら40
(メータ)m前進し、ナイスフォローといい寄りを見せたNO8がトライ!。ゴール成功!。
得点
(76 対 0)。


もう、こうなると止まらない!
「こうなったら100点取ってみろー!」。
22分、敵ゴール前15(メータ)m付近でラックができた。このラックから狭いサイドだがS・Oが順目に動いた。いー判断である。NO8、SH 22へとパスされトライ!。ゴール成功!。
得点
(83 対 0)

27分、敵ゴール前10(メータ)mからS・Oが左へもぐり、ダミーパスで抜いてそのままトライ!。
得点
(88 対 0)。

29分、敵陣22(メータ)mやや左で得たPKをチョン蹴りからPR NO17が突破!100kgを越す体重ながら見事なスピードと強さを見せ、相手を弾き飛ばしてのトライだ!。ゴール成功!。
得点(95 対 0)

熱を出して体調を崩したらしいが、この二年生PRは実に頼もしいゾ!
「あと一本で100点だぞ!。」応援に来てくれた16期の亮太パパが興奮している。そして現実となった。

31分、大活躍のWTB NO14が30(メータ)m走ってPR NO17へパス。ハーフラインからオープンへ展開された。FB〜 NO8〜CTB NO12へパスが渡りトライ!。
得点
(100 対 0)。
ここでレフリーの笛がノーサイドを告げた。


新チーム、公式戦の初戦を見事に勝利である!

そして本当に100点を取ってみせた!。やるじゃないかー!。来週は準決勝である。相手は伝統校の千葉東である。今日の試合以上の内容を必ず見せてくれると信じている。応援の父母たちも応援の内容をレベルUpして行きましょう!


子供たちに負けないように応援の練習を各自
「追い込んで」行きましょう!。もちろん基本は「流経ガンバレー!。」ですよ!

本文の先頭へ
 2004、2010 rkukhs-rugbySome right reserved home