2004 新チ−ムスタ−ト・初戦 「緊張のし過ぎ!」
観戦記の章にジャンプする

練習試合 : 國學院栃木 & 桂高校

   1月11日(日曜)  流経柏G  晴れ

   11時00分 キックオフ


2004年度、18期のチ−ムが動き出した。「花園」の余韻に浸る暇もなく、1月24日(準々決勝)から始まる千葉県新人大会へ向けて新チ−ムのスタ−トである。練習試合を含めたスケジュ−ルを見ると、7週連続の試合である。特に2月14日から二週に渡る「関東新人大会」「第5回全国選抜大会」への出場をかけての試合となる。6月の「関東高校ラグビー大会」も重要な大会であるが、全国選抜までの期間の成績は、次ぎの「花園」のシード権に大きく影響を持っている。そう、新チ−ムはスタ−トしたばかりではあるが、まさに全力を上げてのスタートダッシュなのである。


風が少し強いが、良く晴れた天気に恵まれ、練習試合が始まろうとしていた。三年生たちは、後輩たち新チームのコ−チ役である。自ずとこぼれる笑顔は、三年間をやり抜いた自信の証に間違いない。本当にご苦労さまでした。卒業までの短い期間を後輩に託した
「心」「技」の伝承のために費やしてもらいたいと切に願うものである。

國學院栃木、桂高校と、栃木県、山梨県を代表して
「花園」出場を果たした強豪校を迎えての三つ巴戦である。A、A、Bの順で試合は行われ、午前、午後の2Setsである。

(結果)

  流経柏A 対 國學院栃木A   3分1本   21 対 5
  流経柏A 対 桂高校A     30分1本     0 対 7
  国栃A   対 桂高校A     30分1本      ?
  流経柏B 対 桂高校B     25分2本    12 対 7

  流経柏A 対 國學院栃木A  30分1本    12 対 5
  流経柏A 対 桂高校A     30分1本    26 対 5
  国栃A   対 桂A        30分1本       ?
  流経柏B 対 桂高校B      25分1本      7 対10

Aチ−ムが 3勝1敗、Bチ−ムが1勝1敗であった。

結果はこうなっている。強豪校を相手に新チ−ムの健闘が見える結果であるが、3チ−ムとも恐らく初試合のはずである。そういう意味からすると、結果的にはまずまずかな?!
でも、簡単に感想を記すとこうなる。
「緊張のし過ぎ!」特に、Aチ−ムは全然実力が出ていないよ。練習はたくさんしているのに何故実力を出し切れないか?ここが問題だよ!
練習でやっている事と、試合で表現しようとしている事のギャップは、日々の練習でしか解決はしない。この差を埋めていく事が練習なんだと自覚して欲しい。かっこ良く勝つよりも、
「ナルホド!」と思わせてくれるプレ−が観たいと思っている。

FW全てのプレ−をもっと低く!スクラムは押すことだけを意識する前に早くセットしようぜ!組み負けるな!
BSボ−ルをもらう時のスピ−ドをもっと意識しろ!流れるな!縦に走れ!かな。


初戦はこんな感じでした。
一年生の父母が11家族も応援にきていました。きっと、今年もやってくれると感じた新チ−ムの初戦でした。



 2004、2010 rkukhs-rugbySome right reserved home