「流経柏OB. No .10の七色のキック!」
本文へジャンプする前書き前半後半
観戦記の章にジャンプする
「花園」まで余すところ二週間となった。校内合宿に入ったこの時期、練習試合が組まれ、最後の調整段階となってきた。

NECのグランドはまだ日本には数面しかない「人工芝」である。
この夏、菅平で一面見ているが、大阪体育大、明治大学、IBMが使用しているのを知ってはいるが、相当高価な設備である。流経柏としては、初めての経験であると思う。
 
順天堂大学練習試合

12月13日(土曜) NEC我孫子G 晴れ


 レフリー 大野氏

 14時30分 キックオフ

そんな素晴らしい環境で試合ができることを誇りに思う。そして流経柏のOBのいるチームとのゲームである。順天堂大学は今年の地区対抗リーグの関東地区大会で優勝し、正月に名古屋の「瑞穂」で行われる全国地区対抗大会への出場を決めているチームである。

第79回の「花園」を沸かせたOBであるNo.10の凄まじいキックが、第83回の「花園」へ出場するこのチームを祝福してくれた!

本文の先頭へ
大野氏の笛で試合が始った。

開始直後、キックのチャージなどを受け自陣ゴール前に釘付けとなるがよく耐えている。両チーム共キックを有効に使って陣地をかせいでいる。
順天堂SOの憎らしいほど正確なキックにより流経柏FWにエンジンがかからない。それでも前へ出る意識をチーム全体に感じる。「いいぞ〜、ハードコンタクトだ〜!」

11分、PKからタッチ、ラインアウトからモールだ。約10mをドライブ、押し切ってトライ!
得点
5 対 0 。

13分、反撃を受ける。
順天堂SOのハイパントの処理ミスからのスクラムからオープンへ展開されトライを許した。難しい角度のゴールを決められた。
得点
5 対 7 。

順天堂
SOの様々なキックによりFWが後ろに走らせられている。

18分、またもやSOはオープンサイドのデンジャラスゾーンへ蹴ってきた。何とか処理するが、
順天堂ボールのラインアウトである。ここでスペシャルプレーをやられた。ラインアウトの前へパスされ抜かれてしまった。
得点 5 対 12 。

流経柏
の反撃だ!

29分、敵陣22m中央やや左サイド、スクラムから左へ展開した。ラックをすぐに右へ。いいタイミングのパスからCTBが突破する!フォローの選手のコーリングが素晴らしい。最後にNo.8がナイスフォローしトライ!いいトライだ。ゴール成功。
得点 12 対 12 。

前半を同点で後半へと折り返した。

本文の先頭へ
後半も順天堂はS・Oの正確なキックにより陣地を取りにきている。
流経柏はFWがサイドを縦に突いて前へ前へと突破している。時折キャプテンのキックを混ぜて陣地を稼いでいる。いい感じの試合展開である。一進一退が続く。

14分、敵ゴール前10m、ラインアウトからモールを押し込んだ。
順天堂がよく耐えている。数回のラックからサイドをFWが突く。ブラインドに開いたFWにパスされた時、「ナイスだー!」と思わずつぶやいた。そのままトライ!
得点
17 対 12 。

23分、ラインアウトのターンオーバーからオープンに回されカットインのBSにトライを許した。ゴール成功。
得点
17 対 19 。

勝負はここからである。次にトライをした方が勝つのでは?スタミナは充分。あとはどれだけチームが
「勝ちたい!」かである。

28分、ボールが右へ左へと大きく動いている。ラックからのサイド攻撃の連続からオープンへ展開された。アングルを変えたライン参加のNo.8がSOからの飛ばしパスを受けた。見事な突破である。
そのままトライ!ゴール成功。
得点
24 対 19 。

しかし、
順天堂はあきらめていない。
順天堂S・Oは、先輩の意地とばかりに残り少ない時間の中、仕掛けてきた。
31分、右WTBは確かに早い。逆転を狙うとなればこの選手にボールを集めてくるはずだ。
順天堂SOはハーフライン付近から大きく右へ飛ばしパスを右WTBへ展開した。マークをずらしてボールを受けた右WTBはそのまま走りきってトライである。

やられたー!同点
である。そして難しい角度のゴールが決まってしまう。

得点
24 対 26 。

ノーサイド。

大学生の意地、先輩の意地だなと思った。
「花園」までにもう一試合ある。修正する点をしっかりと練習してもらいたい。あとは全員のコミニュケーションだと思う。

現在行われている
校内合宿を支える「母たち」へ

本当にご苦労さまです。あなた達が作る三食が選手、スタッフを文字どおり
「デッカく」しています。誇りを持って選手にガンガン食わせてやって下さい。そして心の中で祈ってやって欲しいと思っています。花園で思いっきり走る息子たちのために・・・・・


本文の先頭へ
 2004、2010 rkukhs-rugbySome right reserved home